PR

【遊戯王】今すぐ使える「サイバース族」汎用サポート一覧 下級・エクストラ・魔法・罠【汎用】

ホーム » 汎用サポート総合 » 汎用サポート「種族」 » 【遊戯王】今すぐ使える「サイバース族」汎用サポート一覧 下級・エクストラ・魔法・罠【汎用】
記事内に広告が含まれています。

サイバース族汎用サポート

 電子世界をモチーフにした種族『サイバース族』の汎用サポートを考えていきます。

 この種族はアニメVRAINSで遊作やAiの使う種族としても有名ですね。

 アニメ連動種族ということで、リンク召喚との関係も深く、展開札が多い印象がありますね。

サイバース族

 第10期から新マスタールールと共に登場した25番目の種族。
 日本未発売1種を含まず、PHOTON HYPERNOVAまでで244種類が登場している。
 属性別では闇属性63体、光属性62体、地属性36体、水属性28体、炎属性43体、風属性12体。

遊戯王カードWiki
関連記事

関連記事

メインデッキのサイバース族

 サイバース族は後発の種族ゆえに優秀なモンスターが多いです。

 特にリンク召喚と関連が深く、展開系の効果が多い印象。

 優秀なモンスターが多いので、効果毎に以下に列挙してみました。

  • ドロー・サーチ:フォーマッド・スキッパー、レディ・デバッガー、フレイム・バッファロー
  • 自身を「手札」から特殊召喚:バックアップ・セクレタリー、斬機アディオン、斬機サブトラ、ガッチリ@イグニスター、サイバース・コンバーター
  • 自身を「手札以外」から特殊召喚:ドットスケーパー、シーアーカイバー、ファイアウォール・ガーディアン
  • 手札・デッキ・墓地から「自身以外」を特殊召喚:ドラコネット、サイバース・ガジェット、パラレルエクシード、ウィジェット・キッド、スタック・リバイバー
  • その他:アーマード・ビットロン、プロキシー・ホース、クロック・ワイバーン

 汎用性の高さで言うなら、召喚方法・テーマを問わず採用でき、サーチ範囲の広いレディ・デバッガーが頭一つ抜けているでしょうか。

 自前の特殊召喚効果を持ったモンスターをサーチすれば、即座にリンク2に繋がります。


 リンク召喚に注目すると、サイバース・ガジェットがかなり優秀。

 ジャンク・シンクロンの類似効果と、墓地に送られた時にトークンを生成する効果でリンク素材3つ分の働きをします。

 サイバース・ガジェットは、シンクロギミックの非チューナーとしても優秀です。

 例えば、レベル1チューナーとシンクロしてレベル5シンクロチューナーを出し、トークンとさらにシンクロしてレベル7シンクロまで伸ばすことができます。


 エクシーズギミックとはパラレルエクシードが相性抜群。

 同名カードをリクルートでき、ランク4エクシーズに繋ぐことができます。

 パラレルエクシードは、そのままリンク2つ分としても使える汎用性の高さも魅力。

遊戯王 ST19-JP011 レディ・デバッガー (日本語版 ノーマル) スターターデッキ 2019

遊戯王/サイバース・ガジェット(ノーマルパラレル)/STRUCTURE DECK -パワーコード・リンク-

遊戯王 ETCO-JP001 パラレルエクシード (日本語版 ノーマル) エターニティ・コード

サイバース族をサポートする魔法・罠

 サイバース族サポートの魔法・罠では、やはりサイバネット・マイニングの採用率がダントツでしょう。

 サイバース族専用の増援で、キーカードとなるモンスターを引き込みやすくなります。

 増援と違い手札コストを要求するものの、墓地を肥やせるというメリットも。

 その他、召喚権を増やせるサイバネット・オプティマイズ、単純にトークンを生成できるワンタイム・パスコードなどが使いやすいと考えています。


 また、サイバース族専用の融合・儀式魔法であるサイバネット・フュージョン、サイバネット・リチューアルも。

 後述しますが、これらはリンクモンスターからサーチできるのが特徴です。

遊戯王 PAC1-JP047 サイバネット・マイニング (日本語版 スーパーレア) PRISMATIC ART COLLECTION

遊戯王 SD34-JP023 サイバネット・オプティマイズ(日本語版 スーパーレア) STRUCTURE DECK ─ マスター・リンク ─

 

エクストラデッキのサイバース族

 そして、お待ちかねのエクストラデッキ。

 リンク召喚と関連の深いテーマなので、有用なモンスターもリンクモンスターが多め。

 汎用性の高いものとしては、スプラッシュ・メイジ、トランスコード・トーカーが挙げられます。

 スプラッシュ・メイジは墓地からサイバース族を吊り上げることができ、そのままリンク3に繋げることが可能。

 水属性なのでマリンセスにも採用できるのがウリ。


 トランスコード・トーカーも同様に、墓地からリンクモンスターを蘇生でき、さらなるリンク召喚が狙えます。

 コード・トーカー的には、ここからエクスコード・トーカーと一緒に並べることで強固な盤面を作るのもいいでしょう。

遊戯王 ETCO-JP048 スプラッシュ・メイジ (日本語版 レア) エターニティ・コード

遊戯王/第10期/スターターデッキ/ST18-JP041 トランスコード・トーカー【ウルトラレア】

 またサイバース族の登場した10期は、リンク召喚を挟まないとエクストラデッキからの大量展開ができませんでした。

 それゆえ、特定の特殊召喚をサポートするリンクモンスターも存在します。

 それぞれ、

  • クロック・スパルトイ→サイバネット・フュージョン
  • サイバース・ウィッチ→サイバネット・リチューアル+サイバース族儀式モンスター
  • サイバース・ウィキッド→サイバース族チューナー

 という感じ。

 サイバース族でリンク召喚以外の召喚方法を採用する際は、覚えていて損はありません。

 ちなみに融合に関しては、融合魔法を使わず融合できるプロキシー・F・マジシャンも存在します。

遊戯王 SOFU-JP039 クロック・スパルトイ (日本語版 レア) ソウル・フュージョン

遊戯王/第10期/05弾/CYHO-JP035 サイバース・ウィッチ【スーパーレア】

遊戯王 SAST-JP044 サイバース・ウィキッド (日本語版 ノーマル) SAVAGE STRIKE サベージ・ストライク

 

執筆者

新規カードの相性考察やデッキレシピ構築が大好きな遊戯王エンジョイ勢!

初代遊戯王リアタイ世代でその頃からOCGに触れてきました。
9期の頃からブログを始め、以後『10年以上』更新を続けています!

hassakuをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました